トップページへ子どもたちの作品集実践の記録と生活綴方指導案生活綴方ノート教室日記 あの子はあのとき新つづり方通信の紹介他


 つづり方フォーラム・21とは

 つづり方フォーラム・21は2007年、今と未来に生きる子どもたちを生活者としてのしなやかさをもった人間に育てたいという想いをもった全国の教師たちによって創設されました。
 生活者とは何か。国分一太郎氏はこう書いています。
『生活者とは、からだといのちをもって生きているもののことである。生きているものであるから、物も食い、着物も着、雨のふらない、風のふかない家に住むもののことである。きのうよりはきょう、きょうよりはあす、安らかにしあわせに生活したいと、心にねがうもののことである。物も食い、着物も着、家に住むものであるから、それらを手にいれ、こわれないように、きたなくならぬようにするため身体をうごかして働くものである。また、からだといのちをもっているから、目や耳や鼻や皮ふや舌をつかって感ずるものである。脳みそを内側にもっているから、頭で考えたり、心のなかで喜んだり、たのしんだり、悲しんだり、おこったりするものである。ことばをもっている人間であるから、考えたこと思ったこと、感じたことを、まわりのものに、おもてに、表現していくものである。からだといのちがだいじだから、のべつまくなしに働くだけでなく、休むこと、眠ることを、ひとりでに求めるものである。頭や心を緊張させてばかりおくわけにはいかないので、ときには楽しみをあじわったり、やすらぎを自分のものにしたいとねがうものである。』
 人間とは何かという問いの答えにもなりそうなこの定義を私たちは基本に据えます。その問いに答え、さらに再定義するために、生活綴り方とその教育方法は他に類を見ないものであり、子どもたちに確かな現実認識と生をきりひらく力を育てるためには、生活綴り方による文章表現は今もこれからも極めて重要なものであると考えています。
 混迷する時代にあって、自分を見失いがちな子たちがいます。だからこそ、とりわけ文章表現は大切です。生活綴り方は、想像力と創造力と、現実を見極める力と批判精神と、自己存在と他者の確認と、そして、究極の学力としての「意味の発見力」を育てようとします。その教育実践のありかたを共に交流・研究し、その成果を共有する場として、つづり方フォーラム・21はあります。

 規 約

(名称・所在地)
第1条 
 本会は「つづり方フォーラム・21」と称し、事務局を当面の間、「高知県香美市土佐山田町宝町4―3-3」に置く。 

◆(目的
第2条
 本会は生活綴方とその教育並びに同和教育の歴史と教訓に学びながら全国の実践交流を進め、「生活綴方教育と人権教育」の普及と発展に努める。

◆(活動内容)
第3条
 
本会は前条の目的を達成するために次の活動を行う。
  1 生活綴方教育と人権教育の理論的研究と実践の交流
  2 機関誌「新・つづり方通信」の編集・発行
  3 生活綴方教育と人権教育の普及と発展のための研究会、学習会の開催
  4 その他、会の活動を進めるうえで必要と認めた諸活動

◆(会員の資格)
第4条
 
本会の会員は、会の目的に賛同し、一定の会費を納入した者とする。
 (会費は、年度初めの総会および委任を受けた委員会で確認・決定する)

◆(役員・会計監査)
第5条
 本会に、会員総会、委員会の機関をおき、会長一名、委員若干名、会計監査二名、事務局をおく。また本会には、必要に応じて会長を補佐する副会長をおくことができる。

◆(役員・会計監査の選出と任期)
第6条
 役員および会計監査は、会員の中からの互選により、任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。

◆(会員総会)
第7条
 会員総会はこの会の最高決議機関であって一年に一回開き、活動方針の決定、予算・決算の審議・承認必要とあれば規約の改正を行う。ただし、委員が必要と認めたときは、臨時に会員総会を開くことができる。

◆(会長・委員会
第8条
 会長は会を総括し、会の代表となる。委員会は会員総会につぐ決議機関であって、年一回以上開き、会活動の重要な事項を審議する。

◆(会計報告)
第9条
 会計監査は会計を監査し、総会に報告する。

◆(会計年度)
第10条
 会計年度は4月1日に始まり、翌3月31日で終わる。

◆(経費)
第11条 
 本会の経費は、会費、会編集発行の出版物の購読料、寄付金、その他でまかなう。

 

<付則>  この規約は2009年4月1日より施行する。

 

「つづり方フォーラム・21」2016年度運営委員

 

  氏 名 地 域 備 考
会  長    坂田 次男    高 知  
委  員    増田 俊昭    大 阪  
     矢野 勝義    福 岡  
     森永 雅世    奈 良  
     櫛田 誠    三 重  
     田中 正志    奈 良    
     藤田 誠也    福 島  
     榎本 豊 東 京  
事務局長    中内 逸郎 高 知  
会計監査 松尾 博之 大 阪  
  細川 幹夫 高 知  

                                   このページのトップへ

つづり方フォーラム・21

〒782-0034 高知県香美市土佐山田町宝町4-3-3
E-mail:seikatu@tudurikata-forumu21.jp